個人輸入を安全に利用するための情報サイト

輸入医薬品の実態や過去の実例を知りリスクを回避

個人輸入の危険性を回避するには

インターネットでも気軽にできる、医薬品の個人輸入。
しかしながら、医薬品が安全なものであるかどうか、まずはリスクについて学び、危険性を回避しましょう。

日本で製造するもの、海外で日本が管理するものは、食品から化粧品、医薬品などに至るまで、衛生面では申し分ありません。
ですが海外製品となると、製造・保管・流通までの環境下が日本ほどの管理体制でないことがあり、衛生管理が不明性であることが懸念されます。
そういうわけで、日本で品質が確認されていない海外医薬品もあるため、安全性の度合いがどれほどのものか、不確かなものもあります。
誇大な効果、効能を広告している可能性もあります。正規を装った、虚偽の製品があったこともありますので、購入する前に、そういったことを十分に調べましょう。

健康被害を知っておきましょう

国外の医薬品や健康食品による、実際にあった副作用などの健康被害を知っておきましょう。
日本で品質が確認されていない、安全なものではない医薬品を服用した実際の事例になります。
ダイエット用医薬品・食品:
どうき、めまい、頭痛、低血糖、肝機能障害、さらには死亡したケースも。
健康食品:
吐き気、食欲不振、嘔吐、黄だん。
海外のサプリメントや健康食品は医薬品成分が含有されていることもありますので、注意が必要です。
こういった副作用のある医薬品を知るには、個人輸入を行う時に参考になるサイトがあります。
健康被害が報告されている海外医薬品などの情報が、厚生労働省の専門サイトや偽造医薬品等情報センターの「あやしい薬物連絡ネット」で掲載されています。
どの医薬品で健康被害の実態があったか、購入する前に必ずチェックしておきましょう。



TOPへ戻る