個人輸入を安全に利用するための情報サイト

医薬品の個人輸入とはどういうものか

輸入代行業者を慎重に選ぶ

国内の販売価格よりも安く買えたり、国内で流通していないお薬を購入できたりと、医薬品の個人輸入はメリットがありますが、個人輸入を検討されているのなら、前もって医師や薬剤師などの専門家と十分に相談しましょう。
インターネット上で購入する場合の主な注意点としては、輸入代行業者によるトラブルです。
承認を受けていない医薬品の販売などがあり、健康被害や、返金しない、商品が届かないなどというトラブルが生じています。
輸入代行による利用の場合、購入者が一切の責任を負うことがほとんどですので、輸入代行業者を慎重に選ぶ必要があります。
海外から国内への医薬品の持ち込みの場合は、手続きが必要となりますので、地方厚生局といった、税関を担当とする部署に確認すると良いでしょう。関東・近畿・九州に各地方厚生局があります。

困った時のための窓口

消費者が困った時の無料のお助け窓口と言えば、消費生活センターです。
インターネット上での購入で、個人輸入代行を利用し、トラブルが発生した場合は、近くの消費生活センターに必ず相談しましょう。
インターネットで全国の消費生活センターが分かります。
電話でのご案内、「消費者ホットライン」では、最寄りの消費生活相談窓口を案内してくれます。
このように、心強い市民の味方を利用しましょう。
輸入代行業者を利用する場合、注意点としては、効果・安全性などの虚偽といった誇大広告です。ですから、そのお薬について下調べが必要です。
表示内容に偽りがないか、調べましょう。
輸入代行業者と連絡が取れなくなったら、海外の業者と連絡することになるのですが、語学を要すため、容易なことではありません。
輸入代行業者を選ぶ際は、安全で信頼できる代行業者を慎重に選択することが重要です。


TOPへ戻る